スポンサードリンク





マニュキュアの世界の歴史・変遷

古代エジプト時代から愛されてきたマニキュアは特別な人しか出来ないものでした。
ギリシャ・ローマ時代になると上流階級の男性や女性の間で流行しました。
女性はともかく、男性というのには驚きですね。
現在では身だしなみとして男性も爪のお手入れをするようになりましたが、ギリシャ・ローマ時代でもそういう考え方だったようです。

上流階級の間でマニキュアをする人が多くなったおかげで「マヌスキュア」という言葉が誕生しました。

でも一般階級の人々に普及するというのにはまだほど遠いものでした。


中世・ルネッサンス時代になると上流階級の方だけでなく芸術家にもマニュキュアが普及し始めました。
中世ルネサンス時代になるとバレエなどの芸術が盛んになり手先指先にも注目が集まるようになり、顔だけでなく手のお化粧も必要になりました。
必要に迫られてマニキュアが普及しだしたということになりますね。


近代・19世紀になると一般の人にも広くマニキュアが普及するようになりました。
女性の身だしなみとしてマニュキュアがもてはやされた時代でもあります。
ハチの巣から取るミツロウや油などを爪の上に塗りシカの皮(セーム皮)でツヤ出しをする手法で、自分の爪を美しく見せるというのが主流でした。
しかし高価なものなので一般人といってもまだまだ金銭にゆとりがある人しかネイルケアは出来ないものでした。


1930年代にはいると自動車の生産が多くなります。
これをきっかけにネイルカラー(ネイルポリッシュ:マニキュア)が普及し始めます。
それまでマニキュアを爪に塗るとなかなか乾かないというのが当たり前でした。
それが車の塗装の技術により速乾性のラッカーが開発されました。
そのおかげでマニキュアを塗ってもすぐに乾くというネイルポリッシュが開発され人々が利用しやすくなりました。


売れているネイルケアの本です

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。