スポンサードリンク





爪磨きの方法とやり方・使いやすい道具

爪表面の凹凸がなくなると爪磨きをしたくなるのが人間の心理というものです^^

≫爪の表面のおうとつ(でこぼこ)を目立たなくする方法とやり方はこちら

マニキュアを塗らなくてもピカピカに光っている爪は清潔感があり男性にも女性にも好感度が高いです。

爪磨きってネイルサロンでしてもらうと意外に値段が高いんですよね。
専用の道具をしようしているのとある程度の技術が必要だからです。

でもお金をかけずに自宅で自分で美しくなりたいので、爪磨きに便利で使いやすいアイテムをご紹介します。

爪磨きはバッファーともいいますが昔は専用のペースト(クリーム)とシカの皮で作られたやすりを使って磨いていました。
最近では便利な道具が出来たので手軽の爪磨きが出来る反面、度の爪磨きを購入すればいいかわからないんですよね。

一概にどの商品がいいとは言い切れませんが私が便利だなと思うものはこちらです。

クリスタルネイル

四角い形の爪磨きようのやすりです。
爪磨きだけでなく爪の凹凸を整える目が細かいやすりが付いているので、爪の凹凸が気になる方は先にこちらで整えてからつるつるの面で整えます。
ただ、爪磨きというのは表面にコーティングするわけでなく爪表面を研磨して滑らかにしていくのでやりすぎると爪がなくなります(笑)

つるつるの面を頻繁に使用するには問題ありませんが、やすりの表面を触ってざらざらしていると思うものを頻繁に使用すると爪が薄くなり二枚爪や爪が折れやすくなる原因になります。

目安としては一度磨いたら次に磨くのはつるつるの面だけで、1〜2週間後の輝きがなくなってきたと思った時、爪の凹凸を整えるざらっとした面を使うなら1カ月後がいいと思います。
ただ、爪が伸びるスピードは個人差がありますので爪の生え際の凹凸が気になると思う時期にするのがベストです。

四角いタイプの爪磨きが大きすぎて使いづらい方にはこちらがお薦めです。

クリスタルネイルほどではありませんが。。


ツヤ感を求められるなら四角い形の方が効果的です。
爪を磨くときに力が入りやすく入れた力がクッションで和らぐので爪に負担がかかりにくいです。
ただ四角い形の爪磨きだと慣れていない方には使いにくいと思います。
また一度爪磨きをした後のメンテナンス(連続で2回目以降に爪磨きをする場合・爪の根元だけを磨く方法)は四角いやすりをカッターなどでカットして使いやすくする方法もありますが、面倒だと思われる方は初めからこちらを用意されると便利だと思います。

磨くと輝かせるの2段階のネイルケア用品 シャイニングネイル SN-100L

やすりの形をしているので持ちやすく使いやすい爪磨きです。
爪の端っこ(爪のサイドや根元)まできっちり磨きやすいです。


やすりタイプの爪磨きは使いづらいという方にはこちらがお薦めです。

プチモア つめ磨きシート 5枚入り 【クラシエホームプロダクツ: コスメ ネイル】


爪磨きシート 1P
シート状になっている爪磨きなので力が入りやすく爪の隅々まで磨けます。
やすりタイプが苦手な方にはお薦めです。

いろんな道具を使用してみてご自分に一番合ったものを見つけてくださいね♪
売れているネイルケアの本です

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。