スポンサードリンク





巻き爪を治すには?巻き爪を防ぐ方法・巻き爪にならない靴選び

NHKゆうどきネットワークで「靴の選び方で解決!女性悩ますツメのトラブル」(2010年6月16日放送)はご覧になりましたか。
足の爪のお手入れの方法は分かるけれど巻き爪の治し方が分かりません。そんな方に役立つ情報でした。

<巻き爪で悩む人は多い>
巻き爪が原因で歩けない・眠れない・激痛が走る人は意外に多く自覚症状のない人も含めると10人に1人いる。
40代から50代の女性に特に多いと言われています。

<巻き爪とはどんな爪、どんな症状>
爪が横方向に巻いている状態で正常な爪に比べて爪が肉に食い込んでいるため痛みが起こる。
足の指の中でも特に親指に起きやすい。
巻き爪が悪化すると傷口が化膿し激痛で歩くことができなくなる。

<巻き爪になる原因>
巻き爪は歩かないことが主な原因。
人間の足の爪は歩いて力が加わることで平らな爪を維持できるようになっている。

靴の選び方も巻き爪の原因。
女性はハイヒールを履くことが多いですが、
ハイヒールを履くと指の付け根に体重がかかるが指先には力が加わらなくなるから。

<つめ外来・くつ外来がある病院>
愛知県豊橋市の塩之谷香先生(整形外科医)・塩之谷整形外科院長。
ドイツで学んだ靴職人が患者の足に合う靴選びのアドバイスを行っている。

<巻き爪の治療とは>
巻き爪は手術せずに治療できる形状記憶合金ワイヤ治療で完治する。
形状記憶合金ワイヤとは爪の両脇に穴を開け形状記憶合金のワイヤを通し丸まった爪を平らに戻していく方法。
ワイヤは爪の白い部分に通すので痛みはない。
爪が伸びるまでそのままにしておき1〜2か月に1回ワイヤをつけ変える。

<いい靴の条件・足に合っている靴と判断する方法>
・つま先を圧迫しない(小さすぎる靴はダメ)
・足が靴の中でずれない(大きすぎる靴はダメ)
・かかとまわりがぴったりフィット
・つま先に1センチぐらいの余裕

<巻き爪を予防するには>
塩之谷香先生によれば自分の足のサイズを知ることと、靴のサイズが実際と異なる場合も多いのできちんと試し履きをすることを推奨しています。

以上が番組の放送内容でした。
紹介されている病院に通えればラッキーだと思うのですが通えないのが実際だと思います。
本当は病院に行くのが一番の方法ですが、応急方法として自分で出来る巻き爪の予防法と巻き爪の痛みを軽くする方法をご紹介します。

【足の爪の切り方】
爪切りではなくやすりで整えます。爪切りだと切りすぎてしまうのと爪の横の肉まで切ってしまう恐れもあるからです。
足の爪の形はスクエアかスクエアオフに整えます。
先端が真っ直ぐな形、もしくは、先端が真っ直ぐで爪の横の肉に近い部分だけ当たらないように角を取る形です。
この形にすると、爪の横の部分が皮膚に食い込むのを防ぎます。

【巻き爪の足の指の痛みを取る方法】
(1)足の爪を伸ばして深爪をやめる
一般的に巻き爪になる方の爪を拝見させていただくと、深爪の方が多いです。
深爪をすると爪の横の肉(爪廓・そうかく)に食い込みやすくなるのでなるべく伸ばすようにします。
伸ばしすぎるのも別のトラブルの原因になるので、足の爪の長さの目安は指の先と同じ長さにします。

(2)
深爪の痛みは爪の横の皮膚に爪の先が食い込むことが原因です。
食い込みを防ぐと巻き爪の痛みは軽減します。
コットン(どんなものでもよい)で1ミリ〜2ミリぐらいの小さな玉を作ります。(裁縫や手芸をなさる方なら玉結びの大きいものを想像してください)
それを巻き爪になっている爪の横に押し込みます。
これは、食い込んでいるから痛いのでそれ以上食い込まないように爪を持ち上げるという作業です。
ただし、炎症がある場合や出血している場合は避けたほうがいいです。
その場合はしっかり消毒を行ってそれ以上ひどくならないようにする方がいいと思います。

巻き爪を治療するにはやはり病院で見ていただくのが一番だと思いますがお住まいから近い場所に病院がない場合にはこういったお手入れ方法もあるというご紹介でした。
ちなみにネイルサロンやフットケアサロンなどでは巻き爪の予防のお手入れなどを行っているところが多いです。
そういったところで一度お手入れをして頂くのも一つの方法だと思います。

読んでくださった皆様が巻き爪の痛みから解放されますように!
売れているネイルケアの本です

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。