スポンサードリンク





O脚を治す体操 膝を小さくする運動 足裏のアーチを整えて足美人になる

2010年12月15日放送ちちんぷいぷい「マツイeye」のコーナーは【冬の間に足裏をほぐして足美人になる】というものでした。
足美人といってもひざから下の贅肉云々、骨をまっすぐ云々の話ではなく足裏にのアーチを整えるというお話でした。
足裏美人の話題を解説してくださったのは広島国際大学の蒲田和芳(がまだかずよし)准教授。
ちなみにプロフィールはGLAB代表・富山県出身のA型で生年月日は1968年4月5日の牡羊座だそう。

足裏には骨が多く存在しておりその骨がずれることによってヒザが傾き足全体の血行が悪くなる・O脚になるという足の不調につながるというもの。
冬の間は特に血流が悪くなるのでしっかり足裏をほぐすこ。とで足美人になるそうですよ

蒲田和芳(がまだかずよし)先生のお話によると足裏のアーチがなくなった状態を偏平足といいます。
実験では小指側の土ふまずあたりに先生の指を一本踏んづけて立つと姿勢が楽になると言っていました。
(先生の指を踏むなんて^^;)
これは小指側の骨のアーチがつぶれているとその状態からつながっているすねが引っ張られるから。
その延長でつながっているひざも同時に引っ張られて、膝が外向きになる(いわゆるO脚)。
O脚になると膝の面積が広くなるので膝頭が大きくなると悪循環につながります。
見た目だけでなくむくみや外反母趾、姿勢のゆがみなどにも影響するそうですよ。

理想的なアーチになるために誰かの指を踏みつけるなんてことは実際には出来ないので、簡単にできるストレッチを教えていました。

【足裏のストレッチのやり方と方法】
準備編
●くるぶしよりも前を押さえて指先がわにも手を置いて雑巾絞りをする
●タオルを2センチに丸め脚のアーチを意識してふむ(たけ踏みのような感じ)

応用編
たたんだタオルの上に前半分を載せて指先をそらしながら膝を曲げる
普通に立ってあしふみをすると足の強さを感じられる

膝を正しい位置に・・・
膝をまっすぐ正面に向けて膝を曲げながら膝を開く、脚を開きながら伸ばすと正しい膝の位置になる これを10回行う

具体的には足裏の小指側のアーチのことを立方骨(りっぽうこつ)というそうです。
理想的なアーチは指一本分上がっているもの。
ストレッチで解消していくのも大切だけれどインソールや靴で矯正を助けるのも方法だとおっしゃっていました。

購入者の口コミレビューや評判はこちらで読めます
O脚による靴の片減り・膝の痛みをやわらげる【Dr.ショール】インソール アーチ・プラス 女性用
医学的根拠に基づく新設計ドクターショール アーチ・プラス(O脚/膝痛用)(お一人様4個限定)<
売れているネイルケアの本です

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。