スポンサードリンク





爪を丈夫にしたければカルシウムをたくさん摂る

世間には間違った情報であふれかえっています。
日本人の悪いところは多数決制なので間違った情報でもたくさんの人が言っているとそれが正しいということに思われてしまうところです。
正しい知識を持っていればおかしいと思えるのですが、情報収集の段階で間違ってしまっては取り返しがつきませんよね。

そこで私が知っている正しい知識を書いていくことにしました。
知識がある方には当たり前の情報ですので読み流していただければいいかと思います。


今回は「爪はカルシウムで出来ている」ということにスポットを当てたいと思います。
よく爪が折れてしまったり二枚爪になった時にはカルシウム不足と思うので牛乳を飲んだり、煮干しを食べたりすると聞きます。


確かに爪は固いですし指先を光に透かして見ると指のあたりには骨がないように見えるので爪=骨=カルシウムと思われているようです。

しかしもし爪が骨であると仮定した場合、指先から骨がつきだしていることになります。
骨はなぜ体内にあるのでしょう?
これは臓器と同じことなのですが空気に触れると良くないので皮膚に守られているわけです。
(空気に触れても良ければ露出していることになり皮膚が存在する意味が分かりません)

そういうわけで爪は骨ではありえません。
レントゲン写真を見たことがある方ならご存知ですが、爪の下にしっかりと骨が写っていますのでご安心を。


そうしたら爪は一体何で出来ているのでしょうか?
これは主にたんぱく質の一種で出来ています。
爪の主成分は皮膚や髪と同じケラチンです。
(ここが理解できなければ中学校の理科からやり直すことをお勧めします)

タンパク質はケラチンとも言われますが、ケラチンには2種類あります。

ハードケラチン(硬ケラチン)とソフトケラチン(軟ケラチン)です。
読んで字のごとくハードケラチンとは固いタンパク質のこと、ソフトケラチンとは柔らかいタンパク質のことです。
皮膚は弾力がありますからソフトケラチン、爪や髪は固さがありますのでハードケラチンになります。
ソフトケラチンとハードケラチンの違いは以下の通りです

◆ソフトケラチン(軟ケラチン)
肌のケラチンのことを言う。比較的軟らかく、脂質を多く含み、イオウの含有量は少ない。熱にやや弱い。

◆ハードケラチン(硬ケラチン)
毛髪、髪のケラチンのことを言う。比較的硬く、ソフトケラチンのように垢となってはがれ落ちない。脂質は少ない。イオウを多く含むので、燃やすと独特の臭気を放つ。熱に強く、酸やアルカリにも抵抗力を持つ。


爪の根元に爪を作る細胞(爪製造工場と仮定してください)がありそこで柔らかいタンパク質が固くなるようにしているのです。
専門的には「爪母:そうぼ」と言われる場所です。


ですので、爪を丈夫にするためにカルシウムをたくさん摂取するというのは直接の原因にはなりません。
(骨が丈夫になるのでいいのですが、それにもまた落とし穴がありまして…しっかりビタミンDを取ってくださいね^^)


割れやすい爪を丈夫にするには栄養学的に言えば『良質なタンパク質をたっぷり摂る』ことになります。

ただし、カルシウムの吸収にはビタミンDが必要というようにタンパク質を単体でたくさん食べたからと言って爪が丈夫になるわけではありません。
人間の体はあくまでも総合的なもので出来ているので、偏食(好き嫌い)や偏った食生活をせずにまんべんなく食べることが大切です。


O脚を治す体操 膝を小さくする運動 足裏のアーチを整えて足美人になる

2010年12月15日放送ちちんぷいぷい「マツイeye」のコーナーは【冬の間に足裏をほぐして足美人になる】というものでした。
足美人といってもひざから下の贅肉云々、骨をまっすぐ云々の話ではなく足裏にのアーチを整えるというお話でした。
足裏美人の話題を解説してくださったのは広島国際大学の蒲田和芳(がまだかずよし)准教授。
ちなみにプロフィールはGLAB代表・富山県出身のA型で生年月日は1968年4月5日の牡羊座だそう。

足裏には骨が多く存在しておりその骨がずれることによってヒザが傾き足全体の血行が悪くなる・O脚になるという足の不調につながるというもの。
冬の間は特に血流が悪くなるのでしっかり足裏をほぐすこ。とで足美人になるそうですよ

蒲田和芳(がまだかずよし)先生のお話によると足裏のアーチがなくなった状態を偏平足といいます。
実験では小指側の土ふまずあたりに先生の指を一本踏んづけて立つと姿勢が楽になると言っていました。
(先生の指を踏むなんて^^;)
これは小指側の骨のアーチがつぶれているとその状態からつながっているすねが引っ張られるから。
その延長でつながっているひざも同時に引っ張られて、膝が外向きになる(いわゆるO脚)。
O脚になると膝の面積が広くなるので膝頭が大きくなると悪循環につながります。
見た目だけでなくむくみや外反母趾、姿勢のゆがみなどにも影響するそうですよ。

理想的なアーチになるために誰かの指を踏みつけるなんてことは実際には出来ないので、簡単にできるストレッチを教えていました。

【足裏のストレッチのやり方と方法】
準備編
●くるぶしよりも前を押さえて指先がわにも手を置いて雑巾絞りをする
●タオルを2センチに丸め脚のアーチを意識してふむ(たけ踏みのような感じ)

応用編
たたんだタオルの上に前半分を載せて指先をそらしながら膝を曲げる
普通に立ってあしふみをすると足の強さを感じられる

膝を正しい位置に・・・
膝をまっすぐ正面に向けて膝を曲げながら膝を開く、脚を開きながら伸ばすと正しい膝の位置になる これを10回行う

具体的には足裏の小指側のアーチのことを立方骨(りっぽうこつ)というそうです。
理想的なアーチは指一本分上がっているもの。
ストレッチで解消していくのも大切だけれどインソールや靴で矯正を助けるのも方法だとおっしゃっていました。

購入者の口コミレビューや評判はこちらで読めます
O脚による靴の片減り・膝の痛みをやわらげる【Dr.ショール】インソール アーチ・プラス 女性用
医学的根拠に基づく新設計ドクターショール アーチ・プラス(O脚/膝痛用)(お一人様4個限定)


なぜオバサンは爪だけを派手にしているの?

たけしのニッポンのミカタ!(テレビ東京 2010年12月10日放送)を見ていたら爪に関する外国人の考えが分かるシーンがありました。
「太一 外国人にリサーチ 日本人はなぜ●●なのか?」というコーナーで様々な国の美女数人に国分太一さんがインタビューするものでした。
その中での外国人の質問に【なぜオバサンは爪だけを派手にしているのか?】というものがありました。
奇しくもリサーチ対象にならなかったのですが面白かったんですよ。
外国の方からみると、日本人のネイルアート、特に中高年の女性のネイルアートは爪だけ若く見えて爪だけが派手というのは不自然という内容でした。
海外では全体をトータルで考えてコーディネイトしているから爪だけ派手というのはあり得ないというのがその質問の理由。
回答はどうだったか忘れてしまいましたが、確かにそうなんですよね。

ネイルアートというと今や日本で始まったかのような印象ですが、ネイルアート発祥の地はアメリカです。
もう昔のことになるのかもしれませんがネイルアートをしている女性というのは高貴な身分な方ではなくどちらかというと男性を相手にしたお仕事をなさっている女性が多く自分をアピールするための手段だったと聞いています。
日本でも一般的なお仕事の方からネイルアートが浸透したわけではなくアメリカ同様の職業の方が多く好まれていたのは事実です。

一時期は海外セレブがネイルアートをするなんて下品という風潮があったようでネイルカラーは(ネイル・ネイルポリッシュ・マニキュアのことです)自然な爪の色でネイルアートと言っても上品なフレンチネイルというのが主流だったようです。

日本でネイルアートが爆発的にヒットするようになって最近では海外の方もさすがに下品だと思わなくなったのでしょう、ファッションに合わせて取り入れるようになったようです。

ただ爪だけをごちゃごちゃと飾り立てるようなことはしていません。
あくまでファッションをトータル的に考えて下品でなく自然な印象を与えるネイルアートを好んでいるようです。

私も思います。
確かにネイルアートは可愛いものだと思うのですが、全身をトータルで見ないと滑稽なんですよね。
セルフネイルというのが流行っておりネイルアートの見本もたくさんあるので自分でネイルアートが手軽にできるようになりましたが、一歩間違うととても品がなく残念な結果になってしまっています。
これは好みの問題なのでどれが正解でどれが不正解というのはありませんが私の感性で見れば大半の方が残念な結果になっているのが気の毒でしょうがありません。

常々そう思っていたのですが今回の放送内容を見て海外の方も私と同じ考えだったんだなあと思いました。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
売れているネイルケアの本です

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。