スポンサードリンク





ささくれ(さかむけ)が出来る原因と防ぐ方法 ささくれになりにくいハンドクリームの塗り方

ささくれ(さかむけ)が痛くて救急車を呼ぶという笑い話ともいえないような迷惑な話を聞いたことがあります(都市伝説であってほしいです)

◆ささくれが出来る原因
親不孝が原因です(キッパリ
冗談ですよー。親不孝が原因なら私の指先はささくれだらけです(笑)
一説によるとささくれが出来ると指先が痛くて炊事など親の家事の手伝いが出来なくなるために言われたそうです。
 
一番大きな原因としては手指の乾燥です。
冬になると空気が乾燥しているので手先も乾燥してささくれになりやすいです。
しかし手指は一年中乾燥しています。
水仕事をするときにお湯を使用する・ゴム手袋を使用しない・洗剤を原液のまま使用してすすぎが十分でなく手に洗剤が残ってしまう・長時間の入浴・シャンプー剤が手に残っている・紙類を触る・プラスティック製品を長時間触る(パソコンのキーボードなど)・ハンドクリーム等の保湿をしないなど・・・手先が乾燥する原因は数え切れません。

・季節的な乾燥の原因は角質層(肌の潤いを保っている層)に含まれている水分が蒸発しやすくなり肌が乾燥します。朝晩や室内と室外の急激な温度差は肌細胞や血管に負担がかかりその機能が低下させるため皮膚が硬くなって乾燥が増しささくれができやすくなります。

・水仕事などでの乾燥のメカニズムとしては手の潤いを守っている皮脂も一緒に流されてしまうので乾燥しやすくなります。お湯は油分を溶かしやすいため手指の皮脂も奪うことで乾燥しやすくなります。

・ネイルポリッシュ(マニュキュア)を塗っている方は徐光液でも指先が乾燥します。
ネイルリムーバーはマニキュアを落とす威力があるということは指先の水分や油分を簡単に奪ってしまいます。
対処法としては使用後によく手を洗いハンドクリーム等の保湿剤でしっかり保湿を行うことです。

・ジェルネイルやつけ爪をしている方も乾燥しやすい指先になっていると言えます。
人工重視はプラスチックなどと同様、水分と油分を吸収しやすい分子構造となっています。
四六時中指先から水分と油分を奪っていることになるのでこちらもしっかりと保湿を行うことが大切です。

・血行不良も乾燥の原因になります。指先だけでなく全身にかかわるのでお気づきの方も多いと思います。
余談になりますが人間の体の末端(手先や足先・足の甲やすね)などは血流が悪くなりやすい場所ですので毎年冬になると粉をふくという方は血行が良くないのかもしれません。
栄養素を運ぶ働きのある血液の流れが不十分だと栄養素が体全体にいきわたりません。特に寒い季節は冷え症による血行不良が起こりがちです。

・食事の栄養バランスも乾燥につながります。
爪や爪周りの皮膚はたんぱく質で出来ているため食事の栄養バランスが悪くたんぱく質が不足していたりビタミンCやビタミンAやカルシウムなどのミネラルが不足するとささくれが出来る場合があります。


◆ささくれが出来た場合どうしたらいいでしょう?
ささくれは無理に引っ張ったりむしり取ってはいけません。まして歯で食いちぎる(?)なんてこともしてはいけません。
小さな傷口ですがそこからばい菌が入り感染症を引き起こし化膿して悪化することもあります。
専門用語で爪囲炎(そういえん)といいます。ひょうそうと呼ばれるものです。
ただ気をつけなくてはいけないのはお子さんのささくれです。
子供は抵抗力が低いので感染症がひどくなるケースがあります。
特に砂場遊びをする年齢の場合は土に多く菌がいるのでそれによって悪化することがあります。
 

さかむけを放置しておくと乾燥して固くなり、それが衣類などに引っ掛かることでささくれがひどくなり痛みを感じることがあります。
ですので対策としてはキューティクルニッパーをお持ちの方はそれを使用します。
持っていない方は無理に買う必要はありません。爪切りや赤ちゃん用の爪切り、眉カットばさみなどで代用します。

それを丁寧に消毒液で消毒してから、なるべくさかむけの根元からカットします。
消毒液が染みたり深く切りすぎると痛いのでそのあたりは自己責任&ご自身が痛くないポイントを選んで処置してくださいね。

要するに乾燥して引っ掛かりやすくなったささくれを引っ掛からないようにすることが目的です。

処置した後はしっかりと消毒を行ったり絆創膏などで傷口が空気の細菌に触れないようにすることをお勧めします。


なぜ口(歯)で噛み切るとダメかというと理由は口には無数のばい菌がいるからです。
ささくれと言っても傷口には変わりありませんので、菌が体内に侵入する経路になっています。

ささくれの部分が痛くないからとか染みることもないから大丈夫という場合もありますが、手先は日常生活で一番使用する場所です。
お料理をすることだってありますし、お手洗いで菌に接触する場合だってあります。
口にも菌がいますが手指にも無数の菌がいます。
手に付いた菌がささくれを噛み切るために口に移動するケースも考えられます。

インフルエンザが騒がれている昨今、ご存じない方はいらっしゃらないとは思いますが、平たく言えば手も口も汚いよということです(笑い)


◆ささくれにならないためにはどうしたらいいか教えて!
ささくれになる原因を作らないことです。
きっちりとした栄養を摂取して血行を良くします。
手っ取り早いのは指先にしっかりハンドクリームやネイルオイルなど保湿剤を塗ることです。
手指には汗腺(汗が出る腺)が少ないので自分から潤うということが難しい部位です。
ハンドクリームを塗るときには乾燥しやすい指先に先に塗りこんでから手全体に広げるという塗り方がハンドクリームやネイルオイルの効果的な塗り方です。

最近では脱毛をされている方も多いですが脱毛をすると汗腺が小さくなる傾向があるらしく汗が出にくくなります。
汗と言うとたらーと流れるものを想像しますがそれだけでなく目に見えない水蒸気のようなものが出ています。(ビニール袋に手を入れると暖かく感じたり曇るのがそれです)
手の甲も乾燥するという方で脱毛をした方は指先だけでなく手の甲も普段からしっかり保湿することをお勧めします。


足トラブル 水虫・むくみ&冷えの解消法

NHKあさイチ(放送日9月30日)をご覧になりましたでしょうか。
「足のトラブル解消法第2弾▽足トラブル水虫にむくみ&冷えの解消法」というタイトルでした。
ゲストに宮崎美子さんと石塚英彦さんが出演なさっていまして、専門家のゲストは永峯由紀子氏(医師・永峯医院院長)と渡邉賀子氏(医師・麻布ミューズクリニック院長)でした。

これから冬になると女性の足トラブルとして水虫・足のむくみ・足の冷えが出てきます。
それらの原因と解消法を取材されていました。


【水虫とは?】

水虫は、カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が皮膚に付着して皮膚の中に入り込むことで感染します。
通常は白癬菌が付着しても24時間以内に石けんなどで洗い流せば感染しませんが、外反母趾や巻き爪などで足に傷があると傷口から菌が入り込み、感染しやすくなります。


●水虫の症状の主なタイプ
○趾間(しかん)型→指と指の間にでき、ぐちゅぐちゅしてかゆいもの
○小水疱(しょうすいほう)型→水ぶくれのような症状が出るもの
○爪水虫→つめに白癬菌が繁殖し、変色や変形などの症状が認められるもの
○角質増殖型→かかとのあたりなどがカサカサするもの。かゆみがなく自覚症状がないのが特徴



【足のむくみ】

足のむくみは静脈の流れがとどこおることが原因で発生します。
脚のむくみを解消するためには足首の運動が効果的です。
足首を動かすことでふくらはぎの筋肉が動き、静脈の流れをスムーズにすることができます。



【足の冷え】
番組内で、足の冷えを解消するためにソックスを4枚重ねて履いていらっしゃる方が紹介されていました。
しかし効果は実感できないようです。
これは上半身が薄着のためです。
足先だけを保温しても足の冷えには効果が現れないそうです。
体幹部が手足や全身の血流を決めるスイッチの役割を果たしているからだそうです。
体幹部が十分に温まれば、手足などの末端にまで血液が送られるようになり、足の冷えが改善するので上半身もしっかり温めることが足の冷えには大切だとおっしゃっていました。


めざせ足美人!足のトラブル解消術 足のお悩み解消!タコ痛み解消

NHKきれいの魔法(2010年9月7日放送)「めざせ足美人!足のトラブル解消術▽足のお悩み解消▽足美人!タコ痛み解消」内容です。
司会:黒崎めぐみ(NHKアナウンサー)
講師:永峯由紀子(医学博士)、石川沙樹(インストラクター)
レッスン生:栗原彩香、大田純子

永峯由紀子氏の著書


足のトラブルの根源となる症状が開張足(かいちょうそく)。
開張足とは横のアーチが崩れ、平らになってしまう骨のトラブルのことです。
開張足の原因は足の骨格を支える筋肉や靭帯が緩むことで起こります。
特徴は足の指が平らに広がるところです。
女性の場合はヒール(かかと)の高い靴を長時間履き続けることが開張足を引き起こす主な原因です。

【足のトラブル要因度チェック】
○通勤時間が30分以上あり、立ちっぱなし
○ハイヒールで通勤することが多い
○立ち仕事が多い
○ストッキングを履くことが多い
○冷え性
○急に太った
○靴の左右の減り方が違う

●主な足のトラブル
○骨のトラブル
・外反母趾
・内反小趾
・ハンマートゥ
○皮膚のトラブル
・タコ
・ウオノメ
・水虫
○つめのトラブル
・巻き爪
・陥入爪

●ハイヒール靴選びのポイント
○足が安定するもの
○かかとが細くなっているもの
○サイズが合ったもの

●足指じゃんけんで健康度チェック!
 素足でいすに腰かけ、片足ずつ、足の5本の指で「グー・チョキ・パー」をする
 テンポ良く「グー・チョキ・パー」ができれば合格
○グー…5本の指を思い切りすぼめる
○チョキ…親指をできるだけ手前に曲げる
○パー…5本の指を思い切り広げる
※足がつることもあるので無理に行わない

【足美人実践エクササイズ】
●「ほぐす」…足の指が1本1本独立したものであることを認識するためのエクササイズ
(1)関節を出す
   足の指でグーを作り、指の付け根の関節を出す
(2)足の指を伸ばす
  (1)で浮き上がった関節に手の親指を当て、足の指先に向かって1本1本指を伸ばす
(3)足の指を前後に動かす
   隣り合う指を手で前後に交互に動かす
   親指と人差し指から始め1本ずつずらしながら小指まで行う
(4)足の指を横に開く
   隣り合う指をできるだけ左右に開く
   親指と人差し指から始め1本ずつずらしながら小指まで行う
(5)中指の付け根を押す
   両手の親指と人差し指で足の中指の付け根を両側から強く押す
(6)アーチを作る
   (1)で出した関節に両手を当て、アーチを作るように足の甲を開く
(7)手の指と足の指を抱き合わせる
   手のひらと足の裏を合わせて指を交互に組み、足の指を手の指で
   ギュッと抱きしめるように握る、力を緩めてそのまま足首を回す
  ※左右交互に30回ずつ行う

●「ペンつかみ」…足の指の筋力を鍛えるためのエクササイズ
(1)素足になっていすに腰かけ、背筋を伸ばしてお腹を引き締める
(2)(1)の姿勢のままで床に置いたペンを指で拾い上げる
  ※片足10回ずつ行う
ペンつかみのほかにも床に置いたタオルを足指で手繰り寄せるという方法もあります。

●「かかとの上げ下げ」…足の指全部でしっかり体重を支えるためのエクササイズ
(1)背筋を伸ばしまっすぐ立つ
(2)5本の指でしっかり床をつかむように意識しながら、
   かかとをできるだけ高く上げてから、ゆっくり元の位置に戻す
  ※30〜50回繰り返す
売れているネイルケアの本です

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。